My Cart:
0 item(s) - $0.00
You have no items in your shopping cart.

All product prices are in US dollars.

Doloforce-DT, Piroxicam

US Brand Name Doloforce-DT
Generic Name Piroxicam
Other Brand Name Doloforce-DT
Packing 10
Manufacturer Mankind Pharma
Form Dispersible Tablet
Strength 20 mg
Country India

  • 20 mg 10 Dispersible Tablet $4.83
In Stock

Similar Product

< >

1 1 1 1 1 1

Details

Piroxicam

Uses

ピロキシカムは、変形性関節症、関節リウマチ、強直性脊椎炎および痛風に使用されます。

How it Works

ピロキシカムは、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)で、痛みや炎症(発赤や腫脹)を引き起こす特定の化学的伝達の放出を阻止することによって作用します

Common Side effects

腹痛、便秘、下痢、上腹部の痛み、鼓腸、吐き気、嘔吐、消化不良

Expert advice

  • これまでに腎臓や肝臓の問題があると診断されている場合は、医師に知らせてください。
  • 胃の不調を避けるため、食物や牛乳と一緒に摂取してください。
  • 長時間服用すると、胃の出血や腎臓の問題などの重篤な合併症を引き起こす可能性があります。
  • ピロキシカムは血栓、心臓発作、脳卒中のリスクを高めることがあります。
  • 妊娠中、妊娠を計画中であるか授乳中である場合は医師にご相談ください。

FAQ

Q.ピロキシカムとジクロフェナクの違いは何ですか?
ピロキシカムとジクロフェナクは両方が鎮痛剤です。しかし、ピロキシカムは非選択的COX(シクロオキシゲナーゼ - 炎症および痛みの原因となる酵素)阻害剤である一方、ジクロフェナクはCOX-2酵素に対する選択性が少し高いとされています。ジクロフェナクのこの選択性は、ピロキシカムと比較して副作用を減少させると考えられています。
Q.ピロキシカムとナプロキセンの違いは何ですか?
ピロキシカムとナプロキセンの両方が鎮痛剤です。両方とも、非選択的COX(シクロオキシゲナーゼ - 炎症および痛みの原因となる酵素)阻害剤です。研究調査によると、どちらも効果的とされています。
しかし、ピロキシカムと比較してナプロキセンは胃の副作用が少ないようです。
Q.ピロキシカムとメロキシカムの違いは何ですか?
ピロキシカムとメロキシカムの両方が鎮痛剤です。両方とも、非選択的COX(シクロオキシゲナーゼ - 炎症および痛みの原因となる酵素)阻害剤です。研究調査によると、どちらも効果的とされています。
しかし、急性胃の副作用はピロキシカムと比較してメロキシカムの方が少ない。
Q.ピロキシカムとケトプロフェンの違いは何ですか?
ピロキシカムおよびケトプロフェンはいずれも鎮痛剤です。。両方とも、非選択的COX(シクロオキシゲナーゼ - 炎症および痛みの原因となる酵素)であり、研究の結果、局所薬の場合は、ピロキシカムと比較して、ケトプロフェンがより効果的であることが示されています。また、ケトプロフェンゲルは優れた忍容性もあります。
Q.ピロキシカムとトラマドールの違いは何ですか?
ピロキシカムはCOX(シクロオキシゲナーゼ - 炎症および痛みの原因となる酵素)であり、トラマドールは麻薬様の鎮痛剤です。トラマドールは習慣性があります。
Q.ピロキシカムとニメスリドの違いは何ですか?
ピロキシカムとニメスリドの両方が鎮痛剤です。しかし、ピロキシカムは非選択的COX(シクロオキシゲナーゼ - 炎症および疼痛に関与する酵素)阻害剤ですが、ニメスリドはCOX-2酵素に対して選択的です。
ニメスリドのこの選択性は、ピロキシカムと比較して副作用が少ないと考えられています。 12歳未満の小児には使用しないでください。
Q.ピクロキシカムはチクングニア熱の治療に使用できますか?
通常、チクングンヤ熱の症例では血小板数が減少せず、ピロキシカムなどの鎮痛剤は出血傾向のリスクを高める可能性があります。
関節痛のある発熱の場合は、ピロキシカムや鎮痛剤を服用しないようにしてください。 また、薬を服用する前には医師にご相談ください。
Q.ピロキシカムとアスピリンは同じですか?
いいえ、ピロキシカムとアスピリンは同じではありません。それらは、COX(シクロオキシゲナーゼ)阻害剤として知られている同じクラスの薬物に属しており、両方とも抗炎症性および鎮痛性がある点は同じです。
Q.デキサメタゾンと一緒にピロキシカムを使用できますか?
ピロキシカムとデキサメタゾンは併用しないでください。これらはお互いの毒性を高め消化管潰瘍のリスクが高まります。
Q.ピロキシカムはメトカルバモールと一緒に使用できますか?
はい。重大な副作用は知られいませんので、メトカルバモールとピロキシカムは併用することができます。いずれかの薬を始める前に医師に知らせてください。
Q. ピロキシカムはパラセタモールと併用できますか?
はい。重篤な副作用が知られていませんので、パラセタモールをピロキシカムと一緒に使用することができます。いずれかの薬を始める前に医師に知らせてください。
Q.ピロキシカムはNSAIDですか?
はい。ピロキシカムは、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)です。
Q.ピロキシカムはサルファ剤ですか?
ピロキシカムは硫黄含有化合物です。ピロキシカムは、これらに敏感な人には重篤な副作用を引き起こす可能性があります。重篤な副作用とはスティーブンジョンソン症候群のような重度の皮膚反応です。 薬にアレルギーがある場合は医師に知らせてください。
Q.ピロキシカムは血液希釈剤ですか?
いいえ、ピロキシカムは血液希釈剤ではありません。鎮痛剤です。出血性疾患がある場合は薬の使用は避けるべきです。
Q.ピロキシカムは筋肉弛緩薬ですか?
ピロキシカムは筋弛緩薬ではありません。 COX(シクロオキシゲナーゼ - 炎症と痛みの原因となる酵素)酵素に作用する鎮痛剤です。
Q.ピロキシカムは麻薬ですか?
いいえ、ピロキシカムは麻薬ではありません。痛みや炎症を軽減するCOX(シクロオキシゲナーゼ - 炎症と痛みの原因となる酵素)酵素に作用する鎮痛剤です。
Q.ピロキシカムは高血圧症に使用できますか?
ピロキシカムは高血圧をコントロールする薬剤ではありません。ピロキシカムは、一緒に投与された場合、抗高血圧薬の有効性を低下させる可能性がありますので十分ご注意ください。ピロキシカムを開始する前に抗高血圧薬を服用している場合は、医師に連絡してください。
Q.ピロキシカムはロサルタンと併用できますか?
ピロキシカムをロサルタンと併用しないでください。ピロキシカムは、ロサルタンのような抗高血圧薬の有効性を低下させ、降圧療法の失敗に繋がります。抗高血圧薬を服用している場合は、ピロキシカムでの治療を開始する前に医師に連絡してください。
Q.ピロキシカムはリシノプリルと併用できますか?
いいえ、ピシキシカムとリシノプリルの併用は避けるべきです。ピロキシカムは、リシノプリルのような抗高血圧薬の有効性を低下させ、降圧療法の失敗に繋がります。抗高血圧薬を服用している場合は、ピロキシカムでの治療を開始する前に医師に連絡してください。
Q.ピロキシカムをカルシウムチャネル遮断薬と一緒に使用できますか?
はい。ピロキシカムは、カルシウムチャネル遮断薬と一緒に服用することができます。 NSAIDは、カルシウムチャネル遮断薬を除くすべての降圧薬の有効性を低下させることが観察されています。
Q.ピキキシカムをチザニジンとともに使用できますか?
はい、ピキキシカムはチザニジンと組み合わせることができます。ピロキシカムは鎮痛剤であり、チザニジンは骨格筋弛緩剤です。腰痛のような症状がある場合に使用されます。
Q.ベータシクロデキストリンがピロキシカムに追加されたのはなぜですか?
はい。ピロキシカムはβ-シクロデキストリンと組み合わせることができます。研究では、ピロキシカムをβ-シクロデキストリンと組み合わせると、ピロキシカムの作用の開始が速くなり、胃の副作用が減少することが示されています。
Q.ピロキシカムの代替品はありますか?
はい。ピロキシカムに代わる鎮痛剤は病状に応じて処方されます。ピロキシカムを開始する前に医師にご相談下さい。
Q.ピロキシカムは何に禁忌ですか?
ピロキシカムに対する禁忌は、アレルギー、出血傾向、十二指腸、胃、消化性潰瘍、口内炎、全身性エリテマトーデス(SLE)、潰瘍性大腸炎、上胃腸疾患、妊娠末期、心臓病、肝障害、腎障害です。
Q.ピロキシカムはアレルギーの治療に使用できますか?
いいえ、ピロキシカムはアレルギー治療薬ではありません。鎮痛剤です。
Q.ピロキシカムはどのくらい効果が持続しますか?
ピロキシカムは長期作用性薬物です。一日一回の服用量が痛みを和らげるには十分ですが、ピロキシカムの効果は数週間服用ると増加するため、効果は人によって異なります。
Q.ピロキシカムを使用すると気分が高揚しますか?
いいえ、ピロキシカムが気分の高揚を引き起こすことは知られていません。この薬は非麻薬性鎮痛剤です。
Q.ピロキシカムは月経痛の治療に使用できますか?
ピロキシカムは月経痛の治療薬として承認されていません。しかし研究では、ピロキシカムは月経痙攣を有意に減少させるのには非常に有効であることが示されています。
Q.ピロキシカムを片頭痛の治療に使用できますか?
ピロキシカムは片頭痛の治療薬として承認されていません。研究によると、ピロキシカムは、前兆のない急性の片頭痛に関連する痛みを減少させるのに有効であることが示されています。
Q.ピロキシカムは背中の痛みに有効ですか?
はい。ピロキシカムは背中の痛みを軽減するために使用することができます。しかし、背痛の正確な原因については医師に相談した上で治療を開始する必要があります。
背中の痛みの原因が人によって異なる可能性があるため、自己判断で薬を使用しないでください。
Q.ピロキシカムは痛風に効果がありますか?
はい。ピロキシカムは、急性痛風の治療のために使用することができます。研究結果では、ピロキシカムが急性痛風の治療に非常に有効であることが示されています。
Q.ピロキシカムを服用中に献血はできますか?
はい。ピロキシカムの服用中でも献血はできます。しかし、献血前に医師に知らせてください。
Q.糖尿病がありますが、ピロキシカムを使用できますか?
糖尿病がある場合、ピロキシカムは長期間摂取すると腎不全を起こす傾向がありますので、医師に相談の上、処方された場合のみ服用することができます。
糖尿病そのものが腎疾患を引き起こしますので、ピロキシカムを摂取すると腎不全のリスクが増加する可能性があります。
Q.腎機能が悪化した場合、ピロキシカムを使用できますか?
いいえ、ピロキシカムは、NSAIDsの長期投与が腎性乳頭壊死および別の腎障害を引き起こすため、腎機能異常を有する場合は服用しないでください。
Q.ピロキシカムは皮膚反応を引き起こすことがありますか?
はい。ピロキシカムは、剥離性皮膚炎、スティーブンス・ジョンソン症候群(SJS)、毒性表皮壊死(TEN)などの重篤な皮膚反応を引き起こすことが知られており、それが致死的である可能性があります。
これらの重大な副作用は警告なしに発生することがありますので、軽い発疹が見られたら、すぐに薬の服用を中止してください。
Q.妊娠中ですが、ピロキシカムを使用できますか?
妊娠中はピロキシカムを使用しないでください。胎児の心不全および胎児死亡につながる動脈管の早期閉鎖を引き起こします。
Q.消化性潰瘍がありますが、ピロキシカムを使用できますか?
ピロキシカムは活動性消化性潰瘍の場合には禁忌です。ピロキシカムは、胃潰瘍および出血を引き起こすことが知られています。
Q.喘息がありますがピロキシカムを使用できますか?
一部の喘息患者は、アスピリンのような非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)に過敏であり、喘息の急性発作を引き起こす可能性があります。投薬を開始する前に医師に相談してください。
Q.ピロキシカムの服用は不妊につながりますか?
はい。ピロキシカムは可逆性不妊を引き起こすことがあります。その作用機序によるピロキシカムは、一部の女性において可逆性不妊症と関連している卵胞の破裂を遅延させるか、または予防することができます。 投薬を開始する前に医師に相談してください。
Q.ピロキシカムを利尿薬とともに使用できますか?
いいえ、ピロキシカムを利尿薬と併用しないでください。ピロキシカムは、患者によってはフロセミドやチアジド利尿剤のナトリウム利尿効果を低下させます。この応答は、腎臓プロスタグランジン合成の阻害に起因します。
Q.ピロキシカムはリチウムと併用できますか?
ピロキシカムをリチウムと一緒に使用しないでください。ピロキシカムは、血漿リチウムレベルの上昇および腎臓のリチウムクリアランスの減少をもたらします。
これは、NSAIDによる腎臓プロスタグランジン合成の阻害のためですので、薬の使用を開始する前に医師に相談してください。
Q.ピロキシカムはワルファリンと一緒に使用できますか?
いいえ。ピロキシカムとワルファリンとの併用は、両薬とも出血傾向の増加につながるため避けるべきです。どちらかの薬を服用中である場合は、医師に知らせてください。
もし、一緒に投与される場合は、治療経過を注意深く監視してください。
Q.ピロキシカムを服用しているときに胃潰瘍になる可能性は高くなりますか?
コルチコステロイドや抗凝固剤などの薬を服用すると、胃潰瘍の発生率が高まります。長期間での使用やアルコール、喫煙および老化が、胃潰瘍の可能性を高めることがある、その他の要因となっています。
Q.非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)やピロキシカムを服用しない方がいいのはどのような場合ですか?
喘息発作、蕁麻疹、またはアスピリンまたは他のNSAID薬との他のアレルギー反応が見られた場合、、または心臓バイパス手術の直前または直後の痛みがある場合には使用しないでください。
Q.ピロキシカムの深刻な副作用は何ですか?
胃腸の不快感、まれに、潰瘍および出血などの深刻なGI治療での副作用、剥脱などの深刻な皮膚の副作用、スティーブンス・ジョンソン症候群(SJS)、そして毒性の表皮壊死、肝不全や腎障害などがあります。